必要なスキルを磨いておこう

わかりやすく説明しよう

相手は初心者だと理解する

依頼人のほとんどは、税金に関して詳しい知識を持たない素人です。
難しい言葉を使って説明しても、理解できないでしょう。
内容を自分なりに、簡単な言葉で伝えることを意識してください。
難しい専門用語は、別の言葉に置き換えられないか考えましょう。
説明の仕方を学ぶことも、税理士になるために欠かせないことです。

知識をたくさん持っていても、説明に問題があると依頼人を増やせません。
人気の高い税理士になるため、説明を工夫してください。
言葉の勉強をすることも大事です。
普段からたくさん文字を読むことで、難しい専門用語の代わりになる言葉が見つかるかもしれません。
税金のことを説明する際は、誰でも理解できることを最優先しましょう。

誰かの説明を聞こう

他の人はどのように税金の仕組みを依頼人に説明しているのか、聞くと良いですね。
わかりやすく説明している人は、どこに気をつけているのかチェックしましょう。
自分も説明する時に、同じ部分に気をつけると依頼人がすぐ理解できると思います。
わかりやすい説明をすることは、信頼に繋がります。
何を言っているのかわからない税理士では、依頼人が不安に感じてしまいます。

税理士としてやっていくためには、たくさんの人から信頼されなければいけません。
説明がわかりやすいと評判になれば、困っている人が依頼してくれるはずです。
知識を増やすことも、当然重要です。
しかしそれだけに集中しないで、得た知識をどう説明すれば良いのかも考えましょう。