必要なスキルを磨いておこう

税理士になりたい人は勉強する

知識をたくさん持つこと

依頼人から、税金に関する相談受けます。
その時に正しいアドバイスができるように、あらかじめ知識を深めておきましょう。
そもそも、知識を持っていない人は試験に合格できません。
税理士の資格がない人は、税理士を名乗れないので必ず試験を受けて合格してください。
たくさん覚えることがあるので、簡単なことではありません。

税理士になりたいと思った時から、勉強を開始してください。
まずは、どんな種類の税金にあるか調べると良いですね。
消費税や相続税などは、知っている人が多いでしょう。
しかし、まだまだ種類があります。
アルコールやタバコの税金は、普段なじみがない人は詳しく知らないかもしれませんね。
税金の種類を知って、仕事に役立ててください。

税金が発生する仕組み

どんな時に税金が発生するのか、知ってください。
国民全員に課せられる税金もあれば、ある条件を満たしている人だけが支払う税金もあります。
法律を詳しく調べると、税金が発生する場合でも、特定の条件下なら考慮される時もあります。
税理士は、それらを全て把握しなければいけません。
また、税金を支払う時にどのくらいの金額になるのか知ることも重要です。

節税の方法も知っていると、仕事の幅が増えます。
できれば、税を収める金額を抑えたいと考えている人が多いと思います。
そんな人たちに、節税の方法をアドバイスしてください。
ただし、脱税にならないよう十分注意しながら方法を教えましょう。
節税の注意点も、同時に説明してください。